【たくさんのご応募ありがとうございました】「SR川柳大賞」 ~あなたのウィットが社会をよくする~ 大募集!【〆切:10/10】

SR2013_omote_0407_ol

「なんだかわからないけど、結構、最近生きづらい」
「仕事の効率や売り上げだけじゃなくて、人にやさしい働き方をしたいけど、
 なかなか現場は厳しいなあ」
「社会によいことをしつつ、自分も儲けたいってムリ?なのかなあ」
「社内でも、地域でも評価されるには、何をしたらいいのかなあ」
「個人の責任や組織の責任を、愚痴じゃなくて社会と向き合って、
 前向きに話すタイミングってないなあ」

こんなこと、ふと感じる瞬間があったら、ぜひ、今の皆さんの気持ちを、川柳にしてみませんか?みなさんの参加が、みなさんのウィットの効いた川柳が、社会をよくするきっかけになります!ご応募、お待ちしています。

1. 作品のテーマ

社会的責任(SR)

社会的責任(SR)

社会的責任(SR)って?:
全ての組織は、情報公開や説明責任、雇用など、社会的な責任を果たす必要があるという考え方で、Social Resposibilityの頭文字を取って、SR(エスアール)と呼びます。企業が取り組むCSR(corporate social responsibility)もSRの一部です。もっと詳しく知りたい方は、NNネットのホームページ内の「NGO/NPOとSR」もしくは、NNネットが出版している書籍『これからのSR』を参照ください。

2. 応募資格

どなたでも応募可能です(お一人様何回でもご応募いただけますが、1回につき一つの作品でご応募ください)。

3. 応募方法および〆切

「SR川柳大賞」の募集は締切りました。
たくさんのご応募ありがとうがとうございました。

4. 応募に関する留意事項

(1)川柳なので、(五・七・五)調を基本とします。 ※多少の字余り、字足らずは可

(2)応募作品は、自身が作成したオリジナル、かつ未発表のものに限ります。

(3)応募作品の使用権は全てNNネット幹事会に帰属します。

(4)必要事項の記載がない場合は、応募を無効とさせていただくこともあります。

(5)応募にかかる一切の費用は応募者の負担となります。また、応募作品は返却しません。

応募作品例
「責任は みんなで果たす そりゃそうだ」
「知る・知られる もやもやはらって いい組織」
「ISO あいうえお どっちやねん」
「MSP 組織無くても 参加したい」
「はやってない だけどきっと あたりまえ」

5. 審査および発表

NNネット幹事会により審査します。

作品の中から、大賞(1作品)、優秀賞(1作品)、審査員特別賞(3作品)を選定します。
大賞および優秀賞の受賞者については、2013年11月1日の「SRセミナー」で表彰を行います。

なお、審査結果は、2013年11月1日以降にNNネットのホームページに掲載するほか、入賞者本人にメールにて通知します。

6. 表彰

○ 大賞(1作品)=賞状、その他SRに関する副賞をご用意します

○ ソトコト賞(1作品)=受賞作品と受賞者のお名前をソーシャル&エコマガジン月刊『ソトコト』内の「人乃発声~世界を知るトビラ World & Japan News」に掲載いたします。
また、月刊『ソトコト』を3号分を贈呈します

○ 審査員特別賞(3作品)=賞状、その他SRに関する副賞をご用意します

7. 個人情報の取り扱い

(1)応募作品にかかる個人情報については、作品の審査・発表、入賞者への表彰以外の目的で使用することはありません。

(2)発表の際は、入賞者の氏名(又はペンネーム)、ご所属(又はご所属セクター)・お住まいの都道府県について公表します。

8. お問合せ先

社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(通称NNネット)事務局

 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
 認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター 内
 TEL 03-3510-0855 / FAX 03-3510-0856
 URL http://sr-nn.net / お問合せフォーム http://sr-nn.net/contact

ご参考

NNネットとは?:
社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(通称NNネット)では、2008年の設立以来、NPO/NGOの社会的責任(SR)向上のために、ネットワークとして学習会、SRフォーラムの開催、テキストブックの発行など啓蒙啓発活動を主体としながら、社会的責任(SR)に関するマルチステークホルダープロセス(MSP)にNPO/NGOとして参画して参りました。

※なぜ、川柳を募集しているの?
NPO/NGOの社会的責任(SR)という考え方や概念の普及は、まだまだ進んでいるとは言えません。そこで、NPO/NGO自身や、NPO/NGOでなくともSRに興味を持った方が、楽しく「社会的責任(SR)」について考え、発信する機会として、川柳を募集することにいたしました。

関連記事

ページ上部へ戻る