(10/17開催)ISO26000発行記念SRセミナー 2014―策定に関わってきたカロリン・シュミット氏をお迎えして

社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)では、2014年10月17日(金)に、下記の「ISO26000発行記念SRセミナー 2014―策定に関わってきたカロリン・シュミット氏をお迎えして」を開催します。

ISO26000発行記念SRセミナー 2014
策定に関わってきたカロリン・シュミット氏をお迎えして

ISO26000が策定されてから4年。
世界では、そして日本では、どのような取り組みが
されているのでしょうか。
ISO26000は国際標準化機構(ISO)より発行された、
あらゆる組織において社会的責任(SR)を果たすために
作られたガイダンス文書です。
このたびISO26000の策定に初期から関わってきた
カロリン・シュミット氏(Ecologia:米国の環境団体)の
来日にあわせ、世界におけるISO26000の現状
について参加者の皆さんと考えるセミナーを開催します。

発行から4年を経た今、シュミット氏がISO26000の現状を
どのように考えているか、そして10月7,8日にバリ島で開催される
ISO26000に関する国際オープンフォーラムの速報も
お話しいただきます。
日本のNPO/NGOから、ISO26000についての取り組みも
報告します。

ISO26000をめぐる国際的な動向を直接聞ける大変貴重な機会です。
ご関心のある会員団体の皆様、是非ご参加ください。
※社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(通称:NNネット)は、
2008年5月1日の発足以来、「マルチステークホルダー・プロセス」の普及や
実践、世界初の「組織の社会的責任(SR)」の規格であるISO26000の策定や
普及に取り組む、NPO/NGOのネットワークです。

開催概要

《日時》
2014年10月17日(金)16:00-18:00(15:30 開場)

《場所》
(特)日本NPOセンター 会議室
(東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル 地下1階)
JR「東京駅」丸の内北口より 徒歩5分

《対象》
NPO/NGOの理事、スタッフなどの関係者、NPO/NGOの社会的責任(SR)に関心のある方

《主催》
社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)

《参加費》
1,000円

《プログラム(予定)》
カロリン・シュミット氏講演
日本のNPO/NGOによるISO26000についての取組みの報告
質疑応答、コメント他

※日英逐次通訳あり
終了後には、懇親会も計画しております。是非、ご参加ください。

カロリン・シュミット氏 プロフィール:
米国のNGO、Ecologiaのプログラム・ディレクター。ISO26000の策定に初期から関わり、発行後の現在はISO26000フォローアップ組織のステークホルダーアドバイザリーグループ(PPO-SAG: Post Publication Organization Stakeholder Advisory Group for ISO 26000)にNGOセクターの代表として参加。2014年10月7日~10日にインドネシアで行われる国際オープンフォーラムおよびトレーニングワークショップにも出席・登壇を予定している。
CSRに関する業務のかたわら、社会経済の公平性に強い関心を持ち、CSO支援にも携わる。Ecologiaによるバルト三国での小規模事業支援事業に10年間(1993-2003)従事。

申込・問合せ先

参加のお申込みは、10月16日(木)までに以下のWEB申込フォームからお願いします。

お申込みフォーム

関連記事

ページ上部へ戻る