【ご案内】「企業と人権」枠組みセミナー~NPO/NGOはこれをどう活用するか~

NNネット協力イベント、一般財団法人CSOネットワーク主催のセミナーが9月6日(金)に開催されます。奮ってご参加ください。

ちらしのダウンロードはこちら

「ビジネスと人権」は、ここ数年、企業の社会的責任(CSR)の中で重要度を増して
おり、
日本企業をはじめ、世界の企業の注目と関心を集めています。
この度、ISO26000の策定においてNGOエキスパートとして中心的に関わり、
同規格の人権の章に「企業と人権」枠組みを導入することに貢献した、
スウェーデンの弁護士で人権活動家のサンドラ・アトラー氏の訪日を機に、
企業への働きかけのツールとしての活用を視野に、
この枠組みをNGO/NPO間で共有することを目的としたセミナーを開催します。

日時:平成25年9月6日(金)14:00~16:30

場所:地球環境パートナーシッププラザ セミナースペース

渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F  http://www.geoc.jp/access#geoc
(東京メトロ表参道駅B2出口から徒歩約5分)

協力:社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク

後援:動く→動かす
(特活)国際協力NGOセンター

助成:大竹財団(依頼中)

言語:日英逐次通訳
資料代:500円
対象:NPO/NGO関係者等

プログラム
13:30 会場
14:00 開始 開会の挨拶:黒田 かをり(一財)CSOネットワーク事務局長
14:10-14:50
講演:「企業と人権」枠組みとは。NPO/NGO はこれをどう活用するか
サンドラ・アトラー氏 (Ms.Sandra Atler) 弁護士、「企業と人権」の専門

14:50-15:10
解説とコメント
白石 理(おさむ)氏 (一財)アジア・太平洋人権情報センター所長
15:15-15:45
NGO/NPOより取り組み事例とコメント
渡邉 清孝氏(特活)ハンガー・フリー・ワールド事務局長
米良 彰子氏(特活)オックスファム・ジャパン事務局長
白木 朋子氏(特活)ACE事務局長
15:45-16:20
質疑応答、全体討議
16:30 閉会

全体進行:今田 克司(一財)CSOネットワーク代表理事

【お申し込み】
以下の弊財団ウェブフォームからお申し込みください。
http://www.csonj.org/event/130906seminar

【お問い合わせ】一般財団法人CSOネットワーク(担当:黒田、長谷川、根岸)
TEL: 03-3202-8188/ FAX: 03-6233-9560 / Email: info★csonj.org
(★をアットマークに変えてご送信ください)

講師略歴:
サンドラ・アトラー氏
弁護士、「企業と人権」に関する専門家。
スウェーデンECPAT(子どもの買春をなくす国際NGO)リーガルアドバイザー。
ISO26000 NGOステークホルダー・グループ元議長。
ジョン・ラギー教授(元「人権と多国籍企業及びその他の企業の問題」に関する国
連事務総長特別代表)のもとでリサーチに従事。NGOの専門家としてISO26000の策定
に携わり、NGOステークホルダー・グループ議長、人権作業部会議長として活動。
産金世界第三位の南アフリカの企業アングロゴールド・アシャンティにおいて、
人権を組み込んだリスクマネジメント・内部統制システムの構築に携わる。
ジョン・ラギー教授が運営する非営利組織Shiftにアドバイザーとして関わる。

「企業と人権」枠組み:
国連事務総長のコフィ・アナン氏(当時)により、2005年に人権と多国籍企業及び
その他の企業の問題に関する事務総長特別代表に任命されたハーバード大学のジョ
ン・ラギー教授は、2008年に「企業と人権」のための枠組みとして「保護、尊重、救
済」
を提唱した。
この枠組みは幅広いステークホルダーから支持を得た。
この枠組みを実施するために国連人権理事会は、
2011年、 国連「企業と人権」枠組みを実施するための指導原則を採択した。

 

関連記事

ページ上部へ戻る